タグ

タグ:パター

トゥルーロール - 円柱型パター

トゥルーロール(Tru roll)のパターが日本でも販売開始した模様。

このパター、丸いんです。
色んな発想があって面白いですねー。


トゥルーロールパター公式サイト

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  

リッキー・ファウラー、パターでバンカーから脱出(動画あり)

先週リッキー・ファウラーが見せた珍しいプレー。
バンカーでパターをチョイス
キャプチャ
ライはご覧のとおり左足下がり。
結果や如何に

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  

パターは左手主導

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
パットの成否を分ける要素は沢山ありますよね。
ライン、芝目、速さなどの読みの部分
それと、狙った方向に狙い通りの強さで打つという、技術の部分

それぞれ向上させるのが大事なのは言うまでもありませんが、読みの部分に関しては、同じコースでも日によって、異なりますし、その場での判断が求められる、経験や思考に依る要素。
対して後者の技術の部分を向上させるという事は、即ち自分のストロークの再現率を高めるという事。

最近またパット関連の本やサイトを沢山見てたので、ストロークの再現率を高めるためのポイントについて書いてみたいと思います。(ほとんど自分用)

ミシェル・ウィーの独特のパッティングスタイル

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
天才少女と言われたミシェル・ウィーが遂に初メジャー制覇しましたね。
僕的には天才っていうより「規格外」のがしっくりくる表現ですが。

180cmを超える彼女の身長は、持ち味の豪快なショットの源ではありますが、その長身が故に悩みもあったようです。
最たるものがパター。

期待されながらも伸び悩んでいた時期はショートゲーム、特にパターで崩れるパターンがかなり多く見受けられました。

試行錯誤の末辿り着いたのが、極端に前傾したこの独特のパッティングスタイル。
確か去年からこのスタイルになったのかな?
20140624

小柄な選手はパターが上手だから、という事でこの形になったそうですが、どうなんでしょうね。
肘を固定出来る分安定はするのかも知れませんが、ここまで前傾キツイと真っ直ぐ構えるのが難しそう。

でも今年非常に安定したパフォーマンスを見せ、メジャーも獲ったのは紛れもない事実。

スター選手が好調だと盛り上がりますね。日本勢も頑張れ



パットはセンス?

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
才能の占める割合もあるのは確かだと思うけど、
よく聞く「パットはセンス」って言い訳とか逃げの言葉に聞こえちゃうのは僕だけでしょうか。

ゴルフは止まった状態の球を打つのだから、反射神経は不要なはずですし、
パットに限らず、正しい練習をする事で一定レベルまでは到達出来ると思っています。

パットで壁を感じてる人にお薦めしたいのが
パット・エイミング教本
という本。





【まとめてレビュー】 パターの山

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
パターを大量保有してる事は自覚してましたが、数えてみたらこんなにありました。
定期的に売ったりあげたりしてたのですが、その数11本(笑)
ほとんど使わなかったのもあるけど、短評まとめてみます!

ワンポイントレッスン(パター)

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
過去に僕が受けたワンポイントレッスンを書き溜めてあったのでご紹介します。
かなり昔のものもありますが。


僕:
パターのストロークが安定しない


先生:
パットはフェース面がかなりの割合を占める。
ストロークの際にお尻を動かさず、固定する事を意識してみましょう。


言われてみると腰が開閉して、お尻が動いてました。
ストロークも多少インに引く派と真っ直ぐ引く派とあるようですが、結局インパクトの時のフェース面が一番大事ですよね。
下半身が不安定なままではストロークも安定しませんし、それまで下半身は脚ばかりで、お尻は意識してませんでしたが、このアドバイスでかなり安定感が増した記憶があります。



パットの距離と成功率

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
2mのパットの成功率ってどれくらいですか?

2mだったら基本的には入れにいくパットになりますし、入れたい距離だと思いますが、
PGAのプロでも、この距離の成功率は6割以下なのです。

アマチュアに至ってはシングルでも半分以上は外してるというのが実態です。

golfnutter-putting-stats
http://golfnutter.wordpress.com/2013/10/13/putting-stats/より

ここから言えるのは、
ファーストパットで残り2mにつけても、かなりの確率でスリーパットしてしまう
という事。

そして練習すべきは以下二つ。
 1.0-1.5mのパットの精度を高める
 ロングパットでも1.0-1.5m以内に寄せる

2mは入れたい距離ではありますが、2mの練習の比率を増やすのは、
1mが8割方入るようになってからの方がいいと思います。

僕自身もデータは取っていませんが、
およその残り距離と成功率を記録しておくと、いい練習材料になりそうですね。



iPING - パット分析アプリ

ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
PINGが出してるパッティングストロークを分析して数値化してくれる無料アプリ。

この手のアプリの元祖かな?
結果から自分に合ったパターを選べるようにもなってるし、
単純にストローク分析に使ってもいいし、たまに使ってます。

iPing

このページのトップヘ

見出し画像
×