ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
先日のラウンドで普段出ない右へのミスが頻発したのが気になって、練習場に行ってきました。
結論から言うと
練習場では右へのミスはほぼ皆無

うーん。。もやもやするなあ。

次コース行ってみないと分かりませんが、練習場シングルなんて言葉もあるように、練習場では出ないようなミスがコースで出るのはよくありますね。

反省点など軽くまとめてみます。

コースでミスる最大の要因は
ライの違い
でしょう。

練習場はマットから、平らなライからですが、コースではフェアウェイ、ラフ、ベアグラウンド、右足上がり等々練習場とは違うライから打たなくてはなりませんからね。

ただ、先日右へのミスが出たのはティーショットだったので、この辺りはあまり関係なさそう。
恐らく右ドッグレッグのコース形状やハザードを意識し過ぎてアドレスがズレていたのかなと自己分析してます。(実際どうか定かじゃないですが)

これもよく言われる事ですが、コースのティーグラウンドが必ずしもターゲット方向を向いていないというのも気をつけないといけませんね。

あとはボールと目標方向を結んだ線と、自分のスタンスは平行が基本ですが、身体が目標方向を向いてしまうミスもありがちです。

一応この辺りは意識して、ボール後方からターゲットを定めたら、目印を見つけ、ボールと目印のラインにスクエアに構えるようにはしていたのですが、きちんとできていなかったのかも。

コースのティーグラウンドからじゃないと確認が難しい部分もありますが、練習場でも単純にマットにスクエアに構えるだけじゃなくて、多少左右に目標を変えて、スタンスと出球を確認する練習は出来ますよね。

アドレスでミスってるという事は打つ前から失敗してるという事。
どんなに体力技術が無くても、正しく構える事は出来るはずですし、奥が深いアドレスですが、しっかりしたいところです。

参考リンク
- コースでなぜミスる?コースの落とし穴 アドレス編
- ゴルフ練習場では上手いのにコースでは結果が出ない3つの原因

参考動画 ゴルフ ティーグラウンドでのティーアップ - 今井純太郎