ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
ゴルフする時は絶対保険入ってた方がいいです。
というか、保険入るのはマナーだと思ってます。

年間で3000円程度、たまにしかしない人も、
一日から入れる保険をdocomo、au、softbank各社、
携帯から申し込めるようになってます。

僕自身も何度か保険を利用した事がありますが、今日はそのお話。

三井住友海上のゴルファー保険
ms
ゴルフ保険がカバーしてくれるのは
・ホールインワン
・自身及び他人への怪我
・クラブ破損、盗難
などですが、以前打球事故の加害者になってしまった事があるんです。

ティーショットが右ラフに行き、二打目はグリーンとの間に木がある状況でした。
木の横を狙って打ったものの、狙いが外れて木を直撃し、
その跳ね返ったボールが右の方に跳ね返り、
隣接ホールとの間のカートに座っていた方の頭部に当たってしまったのです。

隣接ホールとの間にも林があったので、最初は何が起こったのかよく分かりませんでしたが、
カートの中でうずくまっているのを見て、状況を把握。
すぐに無線でコースの人に連絡をして、救急車を手配してもらいました。

結果的にはただの打撲で大事にはならなかったのですが、当たった場所が場所なだけに、青ざめました。

木に当たって、隣接ホールに向かって跳ね、木の間をすり抜けて、頭部に当たってしまうという、
悪い偶然が重なった結果の出来事でしたが、誰にでもあり得る話だと思います。

もしちょっと逸れて当たりどころが更に悪かったら、と思うとゾッとします。

軽傷だったとは言え、何度か通院は必要だったので、
その通院費やお仕事を休まなくてはならなかった時の休業補償や、
慰謝料なども保険でカバー出来たので金銭的に本当に助かりました。

木でワンバウンドする形ではなく、直撃だったらもっと大変な事になってたかも知れません。

ティーショットの打ち込みは論外としても、
隣のホールに打ち込んだり、
シャンクして見当違いの所に飛んで行ったり、
バンカーから大ホームランしたり、
打球事故に繋がっても不思議じゃない状況は多くあります。

ファー掛けや、打者の前方に立たない、他者が打つ時は見てる、など、
事故防止のためのマナーもありますが、それでも起きる時は起きてしまいますし、
加害者になってしまった時、少なくとも金銭的な面での最低限の責任を果たすために、
保険加入は必須だと思ってますし、冒頭で述べたように、これもマナーの一つだと考えてます。

ホールインワンやゴルフ用品の破損などは程度は知れてますが、
打球事故だけは最悪のケースも考えるとプレー中のマナーや注意だけではなく、
保険にも入っておかないと、です。

破損で利用した事もありますが、それはまた別の機会に。


三井住友海上のゴルファー保険
ms