ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
アドレス時にクラブのソールを地面に付けるか否か、
ほんの数ミリでも感覚的にはかなり違います。

どちらがいい、という定説は無く、最終的には好みの問題ではあるようですが。

例え数ミリでも、ソールを浮かせるという事はクラブを持ち上げている状態なので、
ソールしてる場合と比べたら、当然クラブの重量の感じ方は段違いです。

あ、ちなみに僕自身はソールする派なのですが、数日前からソールしないで練習してみてるとこです。

今までは正直そこまで深く考えて選んでた訳じゃありませんが、
ソールする派だった理由は毎回地面に置くので高さのズレが無いという点。

で、ソールしない派に転向しようと思ってる理由は幾つかあって、
結局クラブを持ち上げるので、最初から浮かせておけばその状態をキープできる
地面から浮かせる時に力んでしまいやすかったけど、その心配が無くなる。
浮かせてる分、しっかり上から叩ける安心感がある。
といったところ。

あとよく考えるとラフだとソールするとボールが動いちゃう場面、
それにバンカーは当然ソール出来ませんし、
ソールしないで打つのに慣れておいた方が違和感感じないで済みそうですよね。

ダフり・トップは原因が同じ場合もあればそれぞれ違う場合もあるので、
あまり一般化は出来ないかも知れませんが、
球を上げようとしてすくい打ちになってしまってるというパターンも多いかと思います。

ダフり癖のある人は、ソールを浮かせる事で、安心感が生まれて、
結果しっかり上から叩けるようになるかと思うので、是非お試しあれ。

ネットを見ても、ソールする派としない派、結構分かれてて、
万人に共通する正解は無いのかも知れませんが、
気になった記事があったのでご紹介しておきます。

【コラム 米山みどりのゴルフの素】ヘッドを地面につけないで! これ悪いクセですよ

一番なるほど、と思ったのは「グリップの力は常に一定で最後まで振り切りたい」という言葉。

もう少し調べたり色んな意見聞いて、自分でも試してみたいと思います。