ブログランキング参加中!! 応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
自撮りしてみましたが、切り返しが目も当てられない状態でした

具体的には
右肩が突っ込んで、外からクラブが降りてくる形になっちゃってました。

随分前に克服したつもりがあれこれしてる内に復活してしまったようです

これは現在世界ランク1位のAdam Scottのスイング。
as01as02as03

オンプレーンでキレイにクラブが降りてきてますね。

僕の場合、ボールと頭部を結んだ赤い線の外側から降りてきちゃう時もあるくらいです。
クラブだけじゃなくて右肩もダウンスイングの時点でかなり開いちゃってました

次回の練習に向けて、参考になりそうな情報を見てみましたので、「続き」でまとめてみますね。

頭を残すコツ Part1 体重移動の勘違い 右肩を残す
(ぶっ飛びシングルの華麗なるショットメイキング)
※ このブログはホントに参考になりますね!

更に
ダウンスイングの右肩突っ込みに注意 目標へスライドするイメージで体重移動
でも書いてある通り、

右肩を残し、身体も後方を向いたままの意識で、踏み込んで、クラブを降ろす

定説ですが、すっかりこの意識抜けてました。
右利きの人は右手で打とうとしてしまって、かぶりやすいみたいですが、
他の事ばっかり意識してここが疎かになってちゃまずいですね

この動画も分かりやすく解説してます。

飛ばしのゴルフ パワーの溜まる切り返し動作


この辺り踏まえて次回の練習に臨みたいと思います